探偵事務所の仕事の仕組み

探偵事務所の仕事の仕組み

探偵は、依頼者に代わって浮気調査や素行調査を行うエージェントです。
みなさんがイメージする探偵は、尾行や張り込みなどを用いて調査を行い、証拠を取得する。というものではないでしょうか。
その通り、探偵が行う業務はほとんどが現地調査です。しかし、実はそれだけではありません。

ここからは、探偵事務所で働いている人の職業を紹介していきます。

・探偵
浮気調査や素行調査など、依頼者から受けた調査を遂行するのが仕事です。その際、対象者に素性が知られてはいけませんので、慎重に調査を行います。
ですが、探偵は現場で調査をすることだけが仕事ではなく、撮影した画像・動画の編集、調査報告書の作成など、机に向かって作業することも珍しくありません。

・相談員
電話や面談で依頼者が抱える悩みを引き出したり、調査終了後にアフターフォローを行ったりするのが相談員の仕事です。
探偵事務所に依頼する人は精神的に穏やかでない場合も多いため、相談員は依頼者の気持ちに寄り添って支えることができる重要な存在です。
相談員は依頼者と関わる機会が最も多いため、事務所のイメージを担う立場と言っても過言ではないでしょう。

・事務員
事務仕事は、どの会社でも発生します。探偵事務所の事務員は、依頼者からの電話・メール対応、見積書やスケジュール作成などを行うのが仕事です。
一般事務に限らず、経理事務を募集している探偵事務所もあります。事務員は相談員と同じく、依頼者と接する機会が多い職業です。

このように、探偵事務所には探偵以外にもさまざまな職業の人が働いています。
基本的には、依頼を受けた探偵事務所の探偵だけで調査をこなしますが、人数がたくさん必要な大掛かりな調査などは、他の探偵事務所に下請け調査を依頼することも少なくありません。



探偵の業務内容を知ろう

探偵の業務内容を知ろう

探偵の業務内容は先述したように、探偵の業務内容は浮気調査や素行調査など対象者の行動を調査するものがほとんどです。
しかし、探偵は対人間の調査だけでなく、盗聴器発見調査やデジタルフォレンジック調査など、機器の調査を行う探偵事務所も存在しています。
このように、探偵はさまざまな調査を行いますが、最も多い依頼が浮気調査。
ここからは浮気調査の仕事の流れを紹介していきます。

(1)依頼者と打ち合せを行い、調査日程を決める
まず始めに相談員が依頼者と打合せを行い、対象者の名前や性格、勤務先などを聞きます。この情報が多ければ多いほど調査が成功しやすくなります。
そして、対象者の普段の行動や休みの日から、浮気すると思われる日や曜日を推測して、調査日を決定します。
探偵事務所によっては即日対応できるところもあるそうです。

(2)現場の下見や使用機材の準備を行う
探偵の調査は、当日に完結するものではありません。調査日までに現場の下見や使用機材の準備を行います。
下見で特に重要となるのが、交通量と現地の明るさです。人通りが多い場合は、尾行時に見失うことがないように程良い距離を保って尾行を行わないといけませんし、現地が暗い場合は暗所撮影に強い撮影機材を使用しなければなりません。
探偵にとって下見の有無は成否を左右する重要な要素だと言えるでしょう。

(3)勤務先などに張り込み、尾行する
いよいよ調査当日です。勤務先などに張り込んで、対象者が出てきたところを尾行します。
対象者が車移動の場合、探偵も車で。徒歩移動の場合は徒歩で移動します。
タクシーで移動する可能性も考えられますので、探偵は臨機応変に対応しなければなりません。

(4)浮気の証拠となる写真や動画を撮影する
浮気の証拠となるものは、ラブホテルに出入りする瞬間を捉えた写真や動画などです。
探偵はこの証拠を押さえるために、長時間の張り込みに耐えます。一瞬の隙に対象者が出てくるかもしれませんので、気を緩めることはできないでしょう。

(5)調査報告書を作成し、依頼者へ報告する
調査期間が終了すると、探偵は調査報告書を作成します。
この報告書は結果に関わらず作成するもので、撮影した写真を基に対象者の動きを細かく記載しています。
浮気を原因として裁判を行う場合、証拠として提出することができるため、大切に保管しておきましょう。




Copyright© 探偵の評判を調べるなら、探偵Town All Rights Reserved.